禁忌事項 禁忌症状

​​トリートメントを安全に受けていただくためご確認ください​​

​​1.血栓症

血液、リンパ循環促進により血栓が浮遊し、滞留を促進します。血栓が心臓に運ばれてしまう可能性があります。
※治療して6ヵ月経過していれば血管に取り込まれていますので問題ありません。

2.心臓浮腫

​リンパ液は最終的に静脈に合流して血液になります。血液量が増加するので、心臓への負担が増加しかねません。

​​3.心臓病

​​特に左心室、左心房に問題のある方。通常より増えたリンパ液を処理できず、肺に入ってしまう可能性があります。

​​4.感染症

​​リンパ節で外部からの侵入物(細菌・ウイルス)の活動を抑制する働きがあるので、リンパの循環を促進させると感染源が拡大する恐れがあります。

​​5.悪性疾患

転移の恐れがあるため

​​6.低血圧症

​​元々、圧が弱い心臓に血液が増えるため、血液を送り出す圧が低下します。

 

​​留意すべき症状、および体の状態​​

​​​​1.腎機能低下および腎疾患のある方

​​2.臓器を移植した方

3.癌治療後

​​4.ペースメーカーを装着している方

​​5.骨折等で金属を装着している方

​​6.甲状腺機能異常のある方

​​7.妊娠中の方

​​8.皮膚疾患

​9.飲酒直後、食後30分以内

​​10.体調不良、発熱時

​​11.かぶれ、やけど

​12.重度のアレルギー

 

上記の症状がある方は、リンパドレナージュまたはフェイシャルエステが可能か主治医に許可をいただくようお願い致します。

 

美后